ドライブレコーダープラス

ドライブレコーダーを付けるなら、緊急時にボタン1つで通報できる「通信ドライブレコーダー」が安心便利でいいですよね。

しかし、あらかじめ通信ドライブレコーダー付きの車は増えているものの、今ある車に後付けできる通信ドライブレコーダーはなかなかありません。

自動車保険のサービスに付随している場合もありますが、ドライブレコーダーのために自動車保険を乗り換えるのは手間ですよね。

「今乗っている車に通信ドライブレコーダーを付けたい」

「最新式の新車は買えない。中古車に後付けできる商品が欲しい」

そんな時にオススメなのが、パイオニアの「ドライブレコーダープラス」。業界初!今ある車に「後付けできる」通信ドライブレコーダーなんです。

\ お申込はパイオニア公式サイトで /

目次

パイオニア「ドライブレコーダープラス」なら通報・家族への通知・安全運転支援システムを後付けできる

パイオニアの「ドライブレコーダープラス」は、緊急時にボタン1つで通報できる「通信ドライブレコーダー」。

  • ボタンひとつで緊急通報
  • 緊急事に家族へLINE通知
  • 安全運転支援サービス

の3つの安心サービスがセットになった、サブスクリプション型のサービスです。

緊急時には、誰しも気が動転してしまうもの。さらに、事故などでスマホの操作ができる状態ではないかもしれません….

ドライブレコーダープラスは、ヘルプネットのコールセンターへ「名前」「現在地」「車両情報」が共有されるため、救急・消防・警察・JAFロードサービスなどの救援要請を速やかに行うことが可能です。

手動での通報はもちろん、事故や災害などで強い衝撃が加わった場合は自動で通報してくれますよ。

同時に家族には、メールやLINEで自動的に通知もしてくれます。

また、緊急時だけでなく、普段の運転時は、天候や車間距離の詰めすぎなどAIが注意喚起を促してくれる「安全運転支援サービス」も合わせて利用することができます!

「今乗っている車に通信ドライブレコーダーを付けたい」時はもちろん、

  • 女性1人で夜の運転は不安
  • 昼間、妻の運転が心配
  • 高齢の両親の運転中、何かあったら心配

そんなあなたには、通報機能だけでなく安心サービスの充実しているパイオニアの「ドライブレコーダープラス」がオススメです。

パイオニアの通信ドライブレコーダープラスの価格はサブスクリプション型!月額2,178円〜

パイオニアのドライブレコーダープラスは、「末端・通信サービス」をセットで利用するため、サブスクリプション型の料金体系となっています。

サブスクリプションとは、使った分だけ月額料金を払うシステムのこと。

  • 1カメラタイプ(前方)
  • 2カメラタイプ(前方 & 後方または室内)

の2つのコースが用意されています。煽り運転対策には、2カメラタイプがオススメですよ。

初期費用や価格(税抜き)は以下のとおりです。

本体費用 無料
初期費用(契約事務手数料) 2,000円
1カメラタイプ(TMX-DM04-CS) 月額2,178円
2カメラタイプ(TMX-DM04-CS-FRC) 月額2,728円

どちらのコースも初月費用は無料となっています!

月額には端末・サービス利用料・通信費用が含まれているため、別途で通信費用が発生する事はありません。ただし、1年以内に解約した場合は中途解約金が発生します。

パイオニア ドライブレコーダープラスの申し込み方法!Amazonギフト券のもらい方

JAF会員として申し込むと、Amazonギフト券がもらえる

JAF会員としてパイオニア ドライブレコーダープラスに申し込んだ場合に、優待としてAmazonギフト券をもらうことができます。

もともとJAF会員の方はもちろん、申し込む時にJAF会員に入会した場合もAmazonギフト券をもらうことができますよ!

  • 1カメラ → Amazonギフト券 3,000円
  • 2カメラ → Amazonギフト券 5,000円

具体的なAmazonギフト券のもらい方は、購入ページで「JAF会員の認証」ボタンを押すだけです。

またJAF会員にならなくても、ドライブレコーダープラスに申し込むことはできます。

ただしAmazonギフト券はもらえない事と、JAFロードサービス利用料は月額料金に含まれないため、JAFロードサービスを利用した場合は利用料がかかります。

JAFとは?入会する意味と入会金・年会費

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)は民間のロードサービスです。最近の自動車保険の多くは簡易なロードサービスが付属していますが、JAFに入会することで、受けられるロードサービスの範囲が広がります。

またJAF会員は、1回数千円のロードサービスを無料または格安で受けられるようになります。
入会金は2000円、年会費は4000円となっており、家族は年会費2000円のみで入会できます。

ドライブレコーダープラスの申し込み方法

ドライプレコーダープラスの申し込み方法は以下の通りです。

  1. 車検証を用意
  2. 公式サイトの「購入する」ボタンから申し込み
  3. 会員登録&ログイン
  4. JAF認証(JAF会員優待を受ける場合)
  5. 「購入する」ボタンから注文
  6. 必要な場合は取り付け業者に依頼
  7. 1週間程度でドライブレコーダーが届く
  8. 車に取り付ける

車検証を用意

購入の際に、車両情報を登録する必要があるため、車検証を用意しておきましょう。
また、見守り用の連絡先も登録するため、メールやLINEなどの連絡先も用意しておくとスムーズです。

公式サイトの購入ボタンから申し込み

「1カメラタイプ」または「2カメラタイプ」を選び、「購入する」ボタンを押すと、パイオニアオンラインストアの購入ページに移動します。

会員登録&ログイン

お客様情報や車の情報を登録して会員IDを発行。ログインします。

JAF会員の認証(Amazonギフト券を受け取る場合)

Amazonギフト券を受け取るために、JAF会員の認証をします。

「購入する」ボタンから注文

「購入する」ボタンから注文します。

初心者でも説明書や公式動画を見ながら取り付けることはできますが、自分で取り付けられない場合は、取付業者に依頼をします。(55ガレージ、マエカワ、Seibiiなどが対応しています。)

ドライブレコーダーが届いたら取り付ける

1週間ほどでドライブレコーダーが届くので、車に取り付けます。

ドライブレコーダープラスを家族で利用する場合、人数分のI Dが必要です

パイオニアのドライブレコーダープラス(TMX-DM04-CS)は、1IDにつき1台を登録する一ステムになっています。

ドライブレコーダープラスを家族で利用したいという場合は、人数分のIDを発行して1人ずつ契約することになります。

パイオニア ドライブレコーダープラス(TMX-DM04-CS)のデメリット

保険会社には連絡してくれない

ドライブレコーダープラスが連絡してくれるのは、ヘルプネットのコールセンターと家族だけ。保険会社には自分で連絡する必要があります。

登録しておいたら保険会社にも自動で通知がいく、などのサービスがあればもっと便利なのですが、難しいのでしょうね。

1年以内に解約すると中途解約金がかかる。ドライブレコーダーの返却は不要

1年以内に解約した場合、中途解約金が発生します。

  • 6ヶ月以内の解約 → 22,000円
  • 7ヶ月〜12ヶ月までの解約 → 11,000円

ただし、解約後もドライブレコーダーを返却する必要はなく、普通のドライブレコーダーとして使い続けることができます。

支払い方法はクレジットカード決算のみ対応

支払い方法はクレジットカード決算のみ対応となっています。
Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Clubに対応しています。

パイオニア ドライブレコーダープラス(TMX-DM04-CS)のメリット

通信機能(通報機能)を後付け。もしもの時にボタン1つで助けを呼べる

ドライブレコーダープラスはボタン1つで、HELPNETのコールセンターへ「名前」「現在地」「車両情報」が共有されるため、救急・消防・警察・JAFロードサービスなどの救援要請を速やかに行うことが可能です。

手動での通報はもちろん、事故や災害などで強い衝撃が加わった場合は自動で通報してくれますよ。

最新の安全運転支援システムを後付け。あおりみなされ予防機能に対応

AIが場所・天気・時間・運転傾向などから事故リスクを事前に予測し、ドライバーに注意喚起をしてくれる「安全運転支援システム」を後付けすることができます。

パイオニアの安全運転システムの利用により、急減速発生率が約25%減少、急ハンドル発生率が約18%減少といったデータも出ています。

また、気づかないうちに車間距離が詰まってしまう「あおりみなされ予防機能」にも対応しています。

もしもの時はメールやLINEで家族に通知。高齢家族の運転中の見守りにもオススメ

ドライブレコーダープラスは通報機能や安全運転支援システムに加え、もしもの時には登録メールアドレスやLINEに自動で通知をしてくれます。

離れて暮らす高齢者の運転中の見守りにもオススメのドライブレコーダーと言えます。

高画質・長時間録画を選択可能。白飛びを防ぐ「WDR」機能に対応

高画質で録画できるFull HDモードや、長時間録画できるVGAモードなど、3種類の録画モードから選べます。

また、急な明るさの変化による白潰れや黒潰れを補正して撮影する「WDR」機能にも対応しており、「肝心な時に画像が飛んで見えない」という事態になりにくいドライブレコーダーといえます。

16GBのmicroSDカード付き。microSDXCカード(Class10)対応

ドライブレコーダープラス(TMX-DM04-CS)は、16GB~32GBのmicroSDHCカードに対応しており、16GBのmicroSDカードが付属しています。

また、高画質録画にも対応できるmicroSDXCカード(Class10)の32GB~512GBにも対応しています。

通報、家族通知、安全運転支援システム。3つの安心で交通トラブルから守るドライブレコーダープラスがオススメ!

どんなに気をつけていても、事故や災害に巻き込まれてしまうことはあります。また、事故の相手がいい人とは限りません。

事故に巻き込まれただけで頭が真っ白なのに、相手の男性はものすごい剣幕で怒鳴ってくる。こういう時に限って家族に電話が繋がらない…

こんな事態に、私も実際になったことがあります!

だからこそ、自動で救助を要請してくれたり、家族に通知をしてくれるドライブレコーダープラスのありがたみがわかるんですよね。

また、もしもの時だけでなく、安全運転支援システムで事前にトラブルを予防してくれるのも嬉しいです。

パイオニアのドライブレコーダープラスは、もしもの備えに、とくに女性や高齢者にオススメなドライブレコーダーです!

\ お申込はパイオニア公式サイトで /

© 2021 後付け可能!パイオニア 通信ドライブレコーダープラスDM04のお得な申し込み方法